コラム

BtoB利用実態調査とは

BtoB利用実態調査とは企業向けの製品やサービスの利用実態を把握することで、想定する分野の市場動向を知ることができます。

 

企業向けに利用実態調査を行うためには、調査の目的に沿って適切な調査対象者を設定することや一定の業界知識を身に着けた調査員がヒアリングを行うこと、などのポイントを踏まえて調査を行うことが必要です。利用実態調査を定期的に行い、自社や競合のブランドの購入・使用の実態をタイムリーに把握することにより、持続的・継続的に競争優位性を維持していくことも可能です。

 

利用実態調査を活用する企業の具体例をご紹介します。

 

 

1.BtoB利用実態調査とは

BtoB(Buiness to Business)調査とは、法人顧客を相手にしたビジネスにおける調査の方法です。

 

法人顧客向けを対象としたビジネスであっても、消費者向け市場と同じように、市場動向を知ることや製品・サービスの評価を得ることや競合企業とのイメージ比較をすること、顧客満足度を測ることなどはマーケティング活動で重要な取り組みとなります。

 

中でも企業向けの製品やサービスの利用実態を把握することで、想定する分野の市場動向を知ることができます。想定する顧客企業が製品やサービスを利用する際の現実の行動や状態を把握したデータを新しい製品・サービスの開発に活かすことも可能です。

 

2.BtoB利用実態調査に取り組むためのポイント

企業向けに利用実態調査を行うためには、調査の目的に沿って適切な調査対象者を設定することや一定の業界知識を身に着けた調査員がヒアリングを行うこと、などのポイントを踏まえて調査を行うことが必要です。さらに、調査対象者は事業主から主たる利用者まで多岐に渡り、顧客企業が抱える課題に添って、対象者を選定することから始まります。

 

対象者の選定には、クライアントが保有するリストや事業所・企業統計等を利用したリストを活用します。

 

3.BtoB利用実態調査の事例

利用実態調査を定期的に行い、自社や競合のブランドの購入・使用の実態をタイムリーに把握することにより、持続的・継続的に競争優位性を維持していくことも可能です。

 

利用実態調査を活用する企業の具体例として、下記のようなものがあります。

  • ● 商用車を販売する企業の商用車利用実態調査
  • ● 採用を行う企業の適性検査利用実態調査
  • ● 精肉の処理を行う企業の資源利用実態調査
  • ● 工務店の大型プリンター利用実態調査
  • ● IT企業の自営業・店舗事業者対象ネットサービス利用実態調査
  • ● 建設業企業の土木・建築で利用する機材の利用実態調査
  •