コラム

191024.jpg
社会調査とは社会的な問題意識に基づいてデータを収集、分析する調査です。社会調査は、大きく「量的調査」と「質的調査」に区分することができます。今回は社会調査の中でも「世論調査」において電話調査を活用するメリットについて紹介します。また効果的な電話調査を実現する手法として、「ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)」とCATI(Computer Assisted Telephone Interviewing)を紹介します。
190402.jpg
インターネット調査は、調査内容のやりとりや集計に時間がかかわらず、スピーディーな上、調査費用が割安という特性があります。調査対象者に対して質問項目に関連するサンプルや動画などの視覚情報を付加しながら、具体的なイメージを湧かせつつ調査を行うことが可能です。その反面、モニターと呼ばれる事前登録した人が答えるため、対象者層が限定され、統計内容の保証を確保しにくい面があります。
190204.jpg
BtoB調査は、複数の担当者や決裁者が関与して、理性的で経済的な判断を行いながら、組織的な意思決定をするためのものです。顕在的なニーズに対する取り組みが主です。顧客の志向を捉え、顧客志向になるということは、従業員の働き方や行動、考え方等を大きく変える必要があり、結果的に、企業の成長や収益性向上にも繋がります。
ネットワークの拡大や接続スピードアップ、廉価で使いやすい端末が増えたことを背景に、インターネットによる調査が台頭しています。インターネット調査を行う企業は多くのモニターを抱え、マーケットも拡大傾向にあります。他方、会話の中で双方向のやりとりをしながら、臨機応変に新しい情報を得るという調査の場面では、電話を活用した調査方法が有効です。ここでは、インターネット調査と電話調査を組み合わせることの事例や効果をお伝えします。
マーケティングリサーチ業界で活用されている主な手法について、それぞれの特徴とメリットを紹介します。あわせてそれぞれの調査手法が他の方法と比較して有する課題にも触れます。限られた時間や予算の下で効果的な調査を行うためには、手法ごとの特性や強み、限界点をしっかり理解した上でマーケティングリサーチに取り組むことが重要です。
アンケート調査は、情報収集を行なうための調査手法のひとつです。あらかじめ用意された質問について多数の人に回答してもらい、それを集計して資料化する手法のことを指し、回答者の数が多ければ多いほど、そこから抽出されるデータは精度の高いものになると言えます。ここでは、アンケート調査を行うことのメリットやデメリットについてお伝えします。
電話調査は、どのように実施されているのでしょうか?電話調査の内容や種類、管理の仕組み等について解説します。