コラム

191223.jpg
競合調査の目的は、「自社の商品・サービスと、他社の商品・サービスを比較し、改善点や課題を出すこと」です。ここでは、電話による競合調査を進めるための具体的な手順やポイント、具体的な調査項目、さらに電話による競合調査で効果的な調査を行った2社の事例をご紹介します。この事例は、調査の目的を明確として競合他社との差を把握することで調査後の実績獲得につながった好事例です。
191127.jpg
証券取引所上場会社の株主数合計は、全体の9割以上を個人株主が占めると言われています。株式を保有する個人株主数はここ数年、連続で安定して増加する傾向にあります。個人株主に対する調査は、重要なステークホルダーである個人株主が企業に対して持つ意識を測定して明確にすることで、好意的な態度・行動を誘発するための活動につなげることを目的としています。
191024.jpg
社会調査とは社会的な問題意識に基づいてデータを収集、分析する調査です。社会調査は、大きく「量的調査」と「質的調査」に区分することができます。今回は社会調査の中でも「世論調査」において電話調査を活用するメリットについて紹介します。また効果的な電話調査を実現する手法として、「ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)」とCATI(Computer Assisted Telephone Interviewing)を紹介します。
191003.jpg
顧客満足度調査の手法としてインターネット調査が注目されるケースが多く見られますが、従来型の調査手法においても様々な取り組みがなされています。ここでは、ある製造業が電話での顧客満足度調査の結果を有効活用して、より効果的な商品開発を実現した事例をご紹介します。
190903.jpg
ブランド調査は、自社で販売しているブランドのイメージや認知度などに関する情報を集めるために行う取り組みです。ブランドを客観的に把握して、新しい市場や新しい製品開発に、その特徴を活かすことで自社の強みを活かしながら、消費者に指名買いしてもらえるような差別化を図った取り組みが可能です。
20190807.jpg
ブランドイメージの現状把握には、アンケート調査が効果的です。1.ブランド認知、2.知覚品質、3.ブランド・ロイヤルティ、4.ブランド連想といった点に着目してアンケート項目を作成することが有効と言われています。ある調査結果では、ブランド調査を行う企業が現実にブランド戦略を推進する際、抱えている課題としては、「ブランドの社内の浸透」や「社内での価値意識の共有」と回答した企業が一定程度存在していました。大手製造業で社内アンケート調査を通して行ったブランド調査の事例を紹介します。
190718.jpg
企業が展開する製品やサービスには企業のブランドを付して販売・提供されます。顧客が持つ企業ブランドへの印象や感情が、企業全体のイメージ形成に影響を与えます。企業ブランドを把握することで、マネジメントに必要なデータを得ることができます。企業ブランド調査は顧客層や利害関係者に対するマーケットリサーチを継続的に行い、業界における自社のポジションを相対的に捉えることが重要です。
190529.jpg
企業向けの製品やサービスの利用実態を把握することで、想定する分野の市場動向を知ることができます。企業向けに利用実態調査を行うためには、調査の目的に沿って適切な調査対象者を設定することや一定の業界知識を身に着けた調査員がヒアリングを行うこと、などのポイントを踏まえて調査を行うことが必要です。
20190425.jpg
企業が展開する製品は全て、企業ブランドを冠して販売されるため、ブランドの良し悪しが、企業価値の形成に大きな影響を与えます。ある調査では、企業にとって広報活動の目的が「認知拡大」から「ブランディング」へと移りつつあるという結果が明らかになりました。
190402.jpg
インターネット調査は、調査内容のやりとりや集計に時間がかかわらず、スピーディーな上、調査費用が割安という特性があります。調査対象者に対して質問項目に関連するサンプルや動画などの視覚情報を付加しながら、具体的なイメージを湧かせつつ調査を行うことが可能です。その反面、モニターと呼ばれる事前登録した人が答えるため、対象者層が限定され、統計内容の保証を確保しにくい面があります。