コラム

企業ブランド調査における電話調査の優位性

企業ブランド調査における電話調査の優位性

企業が展開する製品やサービスには企業のブランドを付して販売・提供されます。顧客が持つ企業ブランドへの印象や感情が、企業全体のイメージ形成に影響を与えます。

 

企業ブランドを把握することで、マネジメントに必要なデータを得ることができます。企業ブランド調査は顧客層や利害関係者に対するマーケットリサーチを継続的に行い、業界における自社のポジションを相対的に捉えることが重要です。

 

企業ブランド調査を電話で実施すると、対象者の本音等を探ることも可能です。質問用紙やインターネットのアンケートでは得られにくい、一歩踏み込んだ企業ブランドに関する率直な意見や感想を聞き取ることができます。

 

1.企業が持つブランドについて調査を行う必要性

(1)企業ブランドと製品ブランド

(2)企業ブランドを定量的に把握することの必要性とメリット

2.企業ブランド調査で電話調査を行う優位性

(1)企業ブランド調査を電話調査以外で行う課題やデメリット

 ① 訪問調査で企業ブランド調査を行う際の課題やデメリット

 ② ダイレクトメールで企業ブランド調査を行う際の課題やデメリット

 ③ インターネット調査で企業ブランド調査を行う際の課題やデメリット

(2)企業ブランド調査で電話調査を活用することのメリット

 

1.企業が持つブランドについて調査を行う必要性

(1)企業ブランドと製品ブランド

企業が展開する製品やサービスには企業のブランドを付して販売・提供されます。顧客が持つ企業ブランドへの印象や感情が、企業全体のイメージ形成に影響を与えます。

 

特定の製品やサービスに付されたブランドのことは製品ブランドやサービスブランドと呼び、より限定された範囲のブランドの考え方です。

 

(2)企業ブランドを定量的に把握することの必要性とメリット

企業ブランドを把握することで、マネジメントに必要なデータを得ることができます。企業ブランド調査は顧客層や利害関係者に対するマーケットリサーチを継続的に行い、業界における自社のポジションを相対的に捉えることが重要です。

 

企業ブランドに必要な調査は、企業イメージを測定するといった限定的な取り組みだけでは不十分で、自社の経営戦略に沿った調査を行うことが重要です。

 

企業ブランドの価値が向上することで、利害関係者が企業についてポジティブな話題を出すようになり、製品・サービスそのものの売上拡大や株価の向上につながる、ロイヤルティ(忠実性)ある顧客やステークホルダーが増えて、売上維持やリピート化につながる、さらに利害関係者からの信頼度が向上する、万が一トラブルに面しても信頼回復が早いといったメリットがあります。

 

2.企業ブランド調査で電話調査を行う優位性

(1)企業ブランド調査を電話調査以外で行う課題やデメリット

① 訪問調査で企業ブランド調査を行う際の課題やデメリット

調査対象者に繰り返しアプローチできる電話調査と比較して、訪問調査は不在の比率が高いというデメリットがあります。調査員の活動の範囲に対象世帯が限られ、また費用が高くなりがちです。さらに調査員の態度や対象者との相性が企業ブランドの調査内容に影響することもあります。

 

② ダイレクトメールで企業ブランド調査を行う際の課題やデメリット

ダイレクトメールでは、回収するために往復の郵送料を要します。また、ダイレクトメールを送ってから、相手から返送されるまでには長い期間を要し、且つ、回収率は低下傾向にあり、1パーセントに満たないケースもあります。

 

回答についても、自発的に詳しく意見を書いてくれる対象者は少なく、電話で聞き取ることができるような企業ブランドに関する具体的な意見の取得を期待しにくいと言えます。

 

③ インターネット調査で企業ブランド調査を行う際の課題やデメリット

インターネット調査では、一定のモニター層にクローズドでアプローチする場合、対象層を特定するため、企業ブランドの調査サンプルが偏る恐れがあります。反対に、オープンで調査を行う場合は母集団の特定が電話調査と比較して困難となります。

 

(2)企業ブランド調査で電話調査を活用することのメリット

電話が繋がればその場で即回答を得ることができるため、企業ブランドの調査をより短期間で終えることができます。対象地域に左右されないため、対象者が地理的に分散していても、企業ブランドに対する調査を効率よく実行することができます。さらに限られた期間のうちに一定程度の大量サンプルにアプローチできる等のメリットがあります。

 

オペレーション担当者が情報を一元管理できるので、コントロールも容易です。訪問調査よりリーズナブルな費用で、企業にアプローチすることができます。

 

企業ブランドに関する対象者の本音等を探ることも可能です。質問用紙やインターネットのアンケートでは得られにくい、一歩踏み込んだ企業ブランドに関する率直な意見や感想を聞き取ることができます。