コラム

電話調査によるアンケート調査のメリット

電話調査によるアンケート調査のメリット

アンケート調査とは調査手法のひとつで、事前に用意された質問について多数の人に回答してもらい、集計結果を資料化する方法です。

 

電話を用いるアンケート調査は即回答を得ることができるため、比較的、短期間で調査を終えることができます。アンケート調査で電話を活用することは、インターネット調査やダイレクトメールによる調査、訪問面接調査では得られない情報も市場から回収できる可能性があります。

 

1.アンケート調査とは

(1)アンケート調査を行うメリット

(2)アンケート調査が有効になる場面

2.電話調査の特長と主な調査方法との違い

(1)電話調査の特長

(2)他の調査方法と比較した電話調査の特長

 ①インターネット調査との比較

 ②ダイレクトメールでの調査との比較

 ③訪問面接調査との比較

3.アンケート調査で電話調査を活用するメリット

 

1.アンケート調査とは

(1)アンケート調査を行うメリット

アンケート調査とは調査手法のひとつで、事前に用意された質問について多数の人に回答してもらい、集計結果を資料化する方法です。回答者数の母数が多ければ多いほど、抽出される資料は精度の高いデータとなると言えます。

 

個々の回答が途中経過としてすぐに反映され公開されるような方法は、リアルタイムアンケートと呼ばれています。複数の人に対して、同じ内容の質問をすることで、比較できる意見を集めます。

 

回答を定型化することで、意見の類型を明確にすることも可能です。政治的な事柄をインタビューすると、人によって理解や言語表現が異なる上、曖昧で細かい比較が難しくなることがあります。定型化した質問と回答の選択肢を設けることで、回答を比較できるようになります。

 

(2)アンケート調査が有効になる場面

言い回しによって反応が変化する質問も、定型化することで、安定した回答内容を獲得できます。そのため、コンピューターの特性を活かした質問の一斉配布という方法も活用されています。

 

不特定多数を対象とした質問だけではなく、一定の集団の意見を分析するために使うという形式も調査の場面ではよく見られます。例えば、雑誌や書籍の業界団体が、発行する回数や販売の方法など、雑誌や書籍の出版の実態を整理した会員録を作る場合、アンケートによる調査が効果的となります。

 

2.電話調査の特長と主な調査方法との違い

(1)電話調査の特長

電話を用いることで即回答を得ることができるため、比較的、短期間で調査を終えることができます。

 

地域に左右されず、対象者が地理的に分散していても、効率よく調査できます。限られた期間のうちに一定程度の大量サンプルにアプローチできます。担当オペレーターが情報を一元管理できるのでコントロールが容易です。リーズナブルな費用で確実な回答を得ることができます。

 

(2)他の調査方法と比較した電話調査の特長

 ①インターネット調査との比較

一定のモニター層にクローズドでアプローチする場合、対象層を特定するため、サンプルがやや偏る恐れがあります。オープンで調査を行う場合は母集団の特定が電話調査と比較して困難となります。パソコン機器そのものの利用率がどの程度かという点も課題となります。

 

 ②ダイレクトメールでの調査との比較

アンケートを回収するために往復の郵送料を要します。回収率は低下傾向にあり、1パーセントに満たないケースも生じると言われています。送ってから返送されるまでには長い期間を要します。自発的に詳しく意見を書いてくれる対象者は稀で、電話で聞き取ることができるような意見の取得を期待しにくいと言えます。

 

 ③訪問面接調査との比較

繰り返しアプローチできる電話調査と比較して、訪問調査は不在の比率が高いと回答を得られにくいです。調査人員の活動の範囲に対象世帯が限られることから、調査費用が高くなりがちです。さらに調査員の態度やお互いの相性が調査内容に影響することもあります。

 

3.アンケート調査で電話調査を活用するメリット

電話調査の特長を踏まえて、どのようなアンケート調査の目的で活用することが有効かという点について下記にいくつかの活用シーンを挙げます。

 

  • ● 使用している商品の不満点などアンケート項目を絞って聞く
  • ● タレントをキャラクターとして選定する際にその候補者に対する印象をアンケートの項目として確認する
  • ● 製品・メーカー名を伏せて率直な感想や意見を求めるアンケート調査

 

アンケート調査で電話を活用することは、インターネット調査やダイレクトメールによる調査、訪問面接調査では得られない情報も市場から回収できる可能性があります。