コラム

利用実態調査の事例

181228.jpg

利用実態調査とは、企業の製品・サービスの購入や利用実態や意識を把握するマーケティング戦略のための調査です。

 

サービスや商品、施設、機関等の利用状況・利用シーン・スイッチポイント等を把握することに適しています。製品やサービスのトレンド・利用状況などを把握し、顧客動向を知ることができます。活用例として、健康食品メーカーが実施したセグメント別調査の結果をマーケティング活動に活かした事例等が挙げられます。

 

 

1. 利用実態調査とは

利用実態調査とは、企業の製品・サービスの購入や利用実態・意識を把握するマーケティング戦略のための調査です。

 

戦略立案の前段階の現状分析やベンチマークの指針策定のために、部門間で共有されることが多く、実態を反映するデータを収集することが重要になる調査です。実施する企業には、各種施策の効果や現状の課題を把握したい、あるいは対象製品やサービス等の利用状況を把握したいといったニーズがあります。

 

2. 利用実態調査を行うメリット

利用実態調査を通して、企業向けの製品やサービスのトレンドや利用状況などを把握し、顧客動向を知ることができます。製品やサービスを利用する際の現実の行動や状態を把握し、新しい製品・サービスの開発に活かすことも可能です。

 

また、サービスや商品、施設、機関等の利用状況・利用シーン・スイッチポイント等を把握する調査に適しています。商品やサービスの使われ方を知ることができるので、仮説検証にも向いています。ユーザーの声を拾い上げ、評価されているポイントを把握するだけではなく、課題や改善点も明確にすることができます。

 

3. 利用実態調査を行う方法

調査の手法としては、電話調査・ホームユーステスト・ネットリサーチの他、1対1で調査対象者個人に深く(デプス)インタビューするデプスインタビューや、複数人のグループに対しインタビューするグループインタビュー等があります。

 

どのような方にどのように評価されているのか、どこを改善すればどのような評価が得られるのか、離反ユーザーの離反理由はどのようなものなのか、といったことに配慮しつつ、調査設計を行います。

 

4. 利用実態調査の調査事例

利用実態調査を活用する企業の具体例として、某健康食品メーカーで、事務作業・プログラマーなどのデスクワークを行う人とトラック運転手・建設作業員など屋外で肉体労働を行う人という労働状況の違いによる健康食品に対する嗜好の特性を調べて、広告などのマーケティング活動に活かして売上を飛躍的に伸ばした事例があります。

 

利用実態調査を定期的に行い、自社ブランド・競合ブランドの購入・利用実態をタイムリーに把握し、タイムリーなアクションをすることで、競合に対する優位性を持続していくことも可能です。